LOLLIPOPのオークションは出品もできる!SNSでお知らせしよう♪

LOLLIPOP

以前、LOLLIPOPのオークション機能について調べてみました。
みなさんもやってみましたか?
お得にLPOPが入手できるかもしれないので、こまめにチェックしておきたいですね。
私も、今度条件の良いオークションが開催されていたら参加してみようと思います。
先日「LOLLIPOPではオークションに入札するだけでなく、手持ちのLPOPを出品することもできる」とお話ししましたね。
今回は、LOLLIPOPのオークションに出品する方法を調べてみることにしましょう。

LOLLIPOPのオークションが盛り上がっている!?

LOLLIPOP上で開かれているオークションは、私のようなユーザーが出品していることもあるそうです。
他のDeFiでは、トークンの発行者やコミュニティ運営者がオークションを開催するのが一般的でしょう。
ユーザーはオークションが開催されるのを待つ、受け身であることが多いでしょう。
LOLLIPOPでは、ユーザーからも出品できるので、より自由な売買が可能です。
仮想通貨取引所の「取引所」で行うユーザー同士の売買に比べても、オークションの方がお得な価格でトークンを入手できるかもしれません。
特にLOLLIPOPのトークンLPOPは、現在どの仮想通貨取引所でも買えるというわけではありませんよね。
LOLLIPOP運営側としても、まずは自由な売買でユーザーから盛り上げてほしいということなのでしょうか。
LPOPの認知度や人気が高まるとともに、オークションもますます熱を帯びていくと思います。

出品するメリットは?さらにLPOPを増やしたい人も

LPOPを手に入れるためにオークションを利用するのは分かりますが、せっかく手に入れたLPOPを出品してしまうのってどうなんだろう?
私はまだLOLLIPOPやLPOPを熟知していないので、そんな疑問が湧いてきました。
なぜ、オークションに出品する人がいるのでしょうか。
色々調べてみると、オークションに出品する人にもそれぞれの理由があるみたいです。
「良いトークンを見つけたよ!」と他の人にも教えたい人や、自分が持っているLPOPを出品することで利益を獲得、そのお金を使ってまたLPOPを買いたい人などがいました。
後者の方は、FXとか株に近いのかな?
仮想通貨投資でも、安い時に買って高い時に売るというのを繰り返しながら稼いでいますよね。
LPOPはLOLLIPOPのSwapでも交換できますが、オークションを使った方が買い手・売り手双方にメリットがあるのかもしれません。

LOLLIPOPのオークション機能を見てみよう

出品する前に、今どんなオークションが行われているのか見てみましょう。
LOLLIPOPの公式サイトを開き、「Auction」の画面に移動すると現在開催されているオークションが表示されます。
画面に「CREATE AUCTION」のボタンのみが表示されている場合は、現在は開催されているオークションがないということです。
オークション情報が出てくる場合は、条件を見てみましょう。
出品されているLPOPの数量、オークション残り時間、価格などが出てくると思います。
出品されているものによって条件が違うので、よく見比べてくださいね。
出品を考えている人は、大体どれくらいの価格で売られているのかチェックしてみましょう。

メタマスクを接続しておこう

LOLLIPOPのオークション機能を使うためには、ウォレットを接続させます。
入札や落札、出品のいずれにもメタマスクが必要です。
接続する前に、あらかじめネットワークチェーンの設定などをしておきましょう。
メタマスクはイーサリアム系のウォレットであり、LOLLIPOPに接続するにはBNBメインネットに切り替える手順が必要です。
メタマスクがBNBメインネットになったら、LOLLIPOP上で「CONNECT WALLET」をクリックし、メタマスクを接続してください。
画面の右上に「BNB」と出てくればOKです。

オークションに出品してみよう!

メタマスクが接続できたら、オークションに出品してみましょう。
すでに他の人によってオークションが開催されている場合、ここに参加できるのは入札のみです。
オークション会場1つに対して、1つの商品しか出品できないイメージですね。
出品したい場合は、別のオークション会場を作る必要があります。
「CREATE AUCTION」から入って「Choose」をクリック、出品するトークンを選びます。
次に出品する数量を入力し、出品開始価格をUSDで入力してください。
内容を確認したら「CONFIRM」をクリックしましょう。
メタマスクが立ち上がったら、ガス代が表示されます。
少量のBNBが必要なので、残高を確認して「確認」をクリックします。
これで出品が完了しました。

オークションが開催されたらシェアしよう!

Twitter

LOLLIPOPのオークション機能では、同時にSNSでのアピールが可能です。
オークション情報の下の方に「Share」という欄があり、TelegramやTwitterのボタンがあります。
これをクリックすると、メッセージの送信やSNSの投稿ができるのでやってみましょう。

・Telegramの場合

「Telegram」ボタンをクリックすると、オークションのリンクが作成されます。
送信先を選択し、必要に応じて文章を編集しましょう。
「SHARE」ボタンをクリックすると送信されます。

・Twitterの場合

「Twitter」ボタンをクリックすると、投稿画面に移動します。
オークションのリンクが貼られているので、文章を編集して投稿ボタンを押してください。

オークションのリンクから飛ぶとどうなる?

SNSに貼り付けたリンクをクリックすると、LOLLIPOPのオークションページに移動します。
該当のオークションで出品されている条件が表示され、出品者が見ている内容と同じものを見ることができます。
オークションに参加したければ、ここからすぐに入札できますね。
また、出品者でなくてもオークションのシェアが可能です。
「お得にLPOPが欲しいなら、ぜひこのオークションに参加してみて」と投稿する人もいて、ユーザーが自らLOLLIPOPの宣伝隊として活動しているみたいですよ。

SNS投稿でLOLLIPOPを盛り上げよう!

LOLLIPOPはまだローンチされたばかり。
私の周りでも知っている人はわずかです。
(そもそも仮想通貨を知らない人が多い!)
オークションを開催しても、すでにLOLLIPOPを使いこなしている限られた人しか集まらないかもしれません。
LOLLIPOPを広めてLPOPの価値を高めていくには、まずは積極的に宣伝しなくちゃ!
私が見ているSNSでも、LOLLIPOPに関する投稿はそれほど多くはありません。
海外の子どもが大好きなキャンディやサイトのテンプレートなど、別の「LOLLIPOP」が出てくることも・・・(^_^;)
まだ知らない人が多いことはチャンスでもありますが、知る人ぞ知る存在のままではLPOPが幻となってしまうかもしれません。
しっかりフォロワーにアピールして、LOLLIPOPを周知させましょう。
ユーザーの地道な努力が、LPOPをビットコインやイーサリアムのようなビッグコインに成長させてくれると思います。

結局どれが一番お得なの?

LOLLIPOPをBNBにしたい、BNBをLOLLIPOPにしたいという場合には、Swap機能もあります。
また、今はまだスタートしていない「Buy」機能では、仮想通貨取引所の販売所のようなシステムがあるのではないでしょうか。
どれが一番お得かはその時のレートでも変わってくると思いますが、掘り出し物があるかもしれないオークション機能も積極的に使っていきたいですね。

 

今回はLOLLIPOPのオークション機能について、出品する方法をご紹介しました。
私の感覚だと、入札の時と比べてもそれほど難しくなさそうですね。
今度試しに出品してみようかな♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました