暗号資産でどうやって稼ぐの?今始めるべき投資方法は?

仮想通貨,暗号資産 仮想通貨

最近ちょっと伸び悩んでいますが、これから暗号資産投資を始めようと考えている人は結構いるみたいですね。
テレビでも取り上げられることがあり、「暗号資産」や「仮想通貨」のワードをどこかで聞いたような気がする・・・という人は増えていると思います。
でも、詳しく知っている人は意外と少ないかも。
今回はあらためて、暗号資産投資とはどういうことなのかまとめてみましょう。

「暗号資産」って?「仮想通貨」と違うの?

暗号資産とは、ネット上でやり取りできる財産的価値があるものをいいます。
簡単に言えば「ネット上の通貨」という意味ですね。
商品やサービスの対価として支払ったり、日本円やドルなどの法定通貨と交換したりすることが可能です。
「ネット上=仮想現実」ととらえることによって「仮想通貨」とも呼ばれています。
この呼び方は、現実世界のお金である「法定通貨」の対義語のようにして使う人もいるでしょう。
日本の法令等には基本的に「暗号資産」の方が記載されているので、正式名称としてはこっちなのかな?
でも「仮想通貨」というワードを使っている人もまだまだ多いと思います。
どちらを使っても正解だし、ほとんど同じ意味なのでそれほど気にしなくてOKですよ♪

電子マネーとどう違うの?

暗号資産のことを「電子マネー」だと思っている人も少なくありません。
PASMOやSuicaのように、「お金をチャージして支払いに使うアレでしょ?」って。
実はそれとは全然違うんです。
カードやアプリなどにお金をチャージすると、電子マネーという資産になります。
お財布に入っている現金とは違って目に見えませんが、カードに日本円つまり法定通貨が入っている状態です。
見た目は違うけど、そのカードは現金と一緒なんです。
しかし暗号資産は、法定通貨と交換して手に入れた全く別の資産になります。
例えば1,000円が入金されているPASMOと、1,000円分の暗号資産が入っているネット上のウォレットでは、資産の種類が違います。
その時のレートによって資産の価値も変わるので、とにかく「電子マネーは暗号資産ではない」と覚えておいてください。

暗号資産の投資って?

暗号資産は、支払いに使うために持っている人、投資するために持っている人の2通りがあると思います。
暗号資産での決済が可能な場面には、NFTの売買やweb3.0系サービスの利用料金支払いなどが挙げられるでしょう。
暗号資産での投資は、株やFXのようなものです。
例えばビットコインが安いうちに買って、高くなってから売れば利益になります。
暗号資産は法定通貨よりも値動きが激しいため、波に乗れば一晩で爆益を生むこともあるでしょう。
ただし、暴落する危険性も高いので、失敗した時の損失はFXの比ではありません。
暗号資産投資が始まったばかりの頃は多くの人がチャレンジしていましたが、今は「なかなか厳しいよね」というのがトレード経験者の意見です。
値上がりを期待して暗号資産を入手したものの、低迷期に入ってしまって売りたくても売れない人が多いでしょう。
値動きによって稼ぐのは、現在の暗号資産相場においては賢いやり方ではないと思います。

暗号資産で稼ぐにはどうすれば良いの?

それでは、今暗号資産を取引している人は何のためにやっているでしょうか。
暗号資産の投資方法には、売買益を得る他に「預け入れ」や「貸し付け」などもあります。
これらは「投資」にも分類される方法ですが、私は「資産運用」として考えた方が分かりやすいと思っています。
暗号資産を預け入れる「ステーキング」や「イールドファーミング」では、銀行預金で得られるような利息を受け取ることが可能です。
また、「レンディング」と呼ばれるサービスを使うと、第三者に暗号資産を貸し付けて貸借料を受け取れるんです。
売ったり買ったりして稼ぐよりも、今は資産運用で稼ぐ時代だと言われています。
暗号資産の預け入れや貸し付けは、必要になった時に資産を取り戻すことも可能です。
売ってしまえば手元に残りませんが、預け入れや貸し付けなら資産を手放さなくてもOK!
暗号資産の売買投資には専門的な知識や相場を見極める力が必要で、初心者にはかなり難しいです。
しかし、ステーキングやレンディングの資産運用なら、暗号資産取引所のサービスを使うだけで誰でも簡単に始められるでしょう。
どこに預ければより利益になるかという点は考えなければなりませんが、売買よりもハードルが低い稼ぎ方です。
これから暗号資産を始めたい人は、売買投資よりも資産運用がおすすめですよ!

お金

暗号資産のマイニングって?

暗号資産での稼ぎ方には、「マイニング」という方法もあります。
これを理解するには、暗号資産がどんな風に管理されているかについてのお話が必要ですね。
暗号資産は、取引の都度「ブロックチェーン」という技術を使って取引履歴がデータ化されています。
法定通貨のように国や銀行が管理するのではなく、ネット上のデータベースに記録されます。
そのデータベースへの記録は、私たち暗号資産ユーザーが行っているんです。
どうやってやるのかというと、まず暗号資産の取引内容をチェックして間違いがないと承認されれば、ブロックチェーンに格納していく・・・という方法になります。
ブロックチェーンの詳しい仕組みは、また別の記事で紹介することにして・・・。
暗号資産は国や銀行ではなく、ユーザー同士で管理する仕組みになっているんです。
その承認・記録作業のことを「マイニング」といいます。
マイニングをした人(マイナー)には報酬があり、これによって稼いでいる人もいます。
しかし、マイニングをすれば必ず報酬がもらえるのではなく、最も早く作業を終わらせたマイナーだけの特権です。
マイニングには膨大なデータを処理できる超ハイスペックなパソコンが必要なので、一般人が自宅のパソコンで挑戦するのは無謀と言えるでしょう。
マイニングを生業とする大企業もいるため、個人ユーザーが勝てる可能性はほぼありません。
暗号資産がデビューしたばかりの頃は「マイニングで稼ぐ!」という人も一定数いたのですが、専門業者が誕生してからは難しくなりました。
今は「マイニングでは絶対に儲からない」とまで言われており、もちろんこれから始めるべき稼ぎ方ではありません。

暗号資産は預け入れ一択かも

暗号資産を使った稼ぎ方は、
・売買
・預け入れ
・貸し付け
・マイニング
の4つが主な方法になるでしょう。
しかし、今から始めようと思っている人は「売買」と「マイニング」については忘れてしまってOKです。
暗号資産はこれから伸びていく分野なので、今は手元に置きつつ預け入れか貸し付けをするのが良いと思います。
貸し付けである「レンディング」は利用できる場所が限られるので、今は大体どの暗号資産取引所でも導入されている預け入れ機能を使うのがおすすめです。
「ステーキング」はほとんど定期預金と同じで、長期で預けるほど高い利回りとなります。
一定期間暗号資産を引き出せなくなりますが、どうせ今は支払いに使える場面が少ないですからね。
「イールドファーミング」は流動性を提供する預け入れ方法で、報酬としてLPトークンがもらえます。
そしてそのLPトークンをさらに預けて利息を・・・という資産運用なのですが、これについてはまた改めてご紹介しようかな。
暗号資産で稼ぎたいという人は、今はとにかくステーキングで「果報は寝て待て」ですよ♪

 

今回は、暗号資産でどうやって稼ぐのかを解説してみました。
売買やマイニングで稼げる人は、今はほとんどいないと思います。
投資方法を考える際の参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました