ステーキング

LOLLIPOP

LOLLIPOP(ロリポップ)でも使えるようになるかも!?新しい金融「DeFi」とは

DeFiとは、ブロックチェーンの仕組みを応用した金融サービスです。LOLLIPOP(ロリポップ)もDeFiサービスの提供をしていたことがあり、多くのユーザーが資産形成や投資のために利用していました。今回は、DeFiサービスの代表的な例とLOLLIPOP(ロリポップ)でDeFiが復活する可能性について考えてみました。
LOLLIPOP

【最注目NFT関連銘柄】ロリポップ(LPOP)とは?

LOLLIPOP(ロリポップ)が発行する独自トークン「ロリポップ(LPOP)」は、いま最も注目するべきNFT銘柄です。今回はロリポップ(LPOP)がどんなトークンなのか、LOLLIPOP(ロリポップ)がどんなプロジェクトなのか解説します。
仮想通貨

独自トークンにも注目!FiNANCiEの「フィナンシェトークン(FNCT)」とは

次世代のクラウドファンディングサービスFiNANCiEから、独自トークンが発行されています。フィナンシェトークン(FNCT)はどのような目的で作られ、現在どんな風に使われているのでしょうか。今回はFNCTとは何か、どんな使い道があるのか調べてみました。
仮想通貨

ビットフライヤー初のIEOはエルフトークン(ELF)!注目するべきポイントは?

国内取引所大手のビットフライヤーが、エルフトークン(ELF)のIEOを実施することを発表しました。エルフトークンは、ブロックチェーンゲーム「THE LAND~エルフの森~」での使用を目的としています。今回はエルフトークンとはどんな暗号資産か、将来性や人気の銘柄になる可能性について調べてみましょう。
仮想通貨

暗号資産投資って?どうやって増やしているの?

暗号資産を増やすには、どのような投資方法が考えられるでしょうか。売買取引の他にも、積み立て投資やレンディング、マイニングまたはステーキングなどの方法があります。今回は、利用している人の多い暗号資産投資方法についてまとめました。
仮想通貨

ビットコインの次は?イーサリアム現物ETFが承認される可能性は高い

アメリカ初のビットコイン現物ETFが承認されたことをきっかけに、さらに暗号資産が世界に広く浸透していくとみられています。そして、ビットコインの次はイーサリアムでも現物ETFの流れが来ていると予想する専門家が出始めています。今回は、イーサリアム現物ETFについて詳しく解説します。
LOLLIPOP

2023年LOLLIPOP(ロリポップ)総まとめ!来年にも期待♪

LOLLIPOP(ロリポップ)は、2022年3月にDEXとして誕生しました。その後は、多くのイベントに参加したり、Pancake swapに上場したりと変化のある1年となりました。今回は、LOLLIPOP(ロリポップ)が2023年にどんな成長を遂げたのかまとめました。
仮想通貨

暗号資産の確定申告ってどうなっているの?便利な保有管理・損益計算ツールをご紹介!

基本的に、暗号資産を保有しているだけでは税金はかかりませんが、売買取引で利益を得た場合は課税対象となり税金を納める必要があります。しかし、保有しているだけで税金が発生するかもしれないパターンもあるので注意しましょう。今回は、暗号資産取引での確定申告についてご紹介します。
仮想通貨

あらためて確認!暗号資産の意味とは?

暗号資産は数多くの種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまいます。暗号資産選びでは、何の目的で暗号資産を買うのか考えてみましょう。今回は、暗号資産が私たちに何をもたらしてくれるの解説します。
LOLLIPOP

PancakeSwapのステーキングでLPOPの爆益に備えよう!使い方を徹底解説

LPOPは、LOLLIPOP(ロリポップ)のステーキングによって増やすことができましたが、2023年9月現在、LOLLIPOP(ロリポップ)のDEXではステーキングを行うことができません。そこで今回は、PancakeSwapで利用できるステーキングについてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました