メタバース

メタバース

今年こそ使ってみたい!メタバースの始め方を解説

2024年は、メタバースを始める人や再開する人が増えるといわれています。今年こそブームに乗るために、メタバースプラットフォームの使い方を整理しておきましょう。今回はメタバースとは何か、メタバースプラットフォームの始め方について解説します。
メタバース

2024年はすでに次の時代へ!web4.0とは?

2024年は、web3.0からweb4.0に移行していくといわれています。今回は、web4.0時代の到来によって私たちの生活にどんな影響があるのか、すでに始まっているweb4.0プロジェクトについても調べてみました。
メタバース

ブーム再燃?オワコン?2024年のメタバースが盛り上がるために必要なこと

メタバース事業から撤退する企業が相次いだ2023年。メタバースはオワコンだという意見も聞かれるようになりました。しかし、2024年以降にもまだまだチャンスがあるという専門家も多いです。今回は、これからのメタバース事業に必要なことを調べてみましょう。
メタバース

サウジアラビアがメタバース建設中!世界文化遺産を巡る旅

サウジアラビア文化省が、メタバースプラットフォーム「Cultural Universe」の立ち上げを発表しました。サウジアラビアの文化遺産を巡る旅を提供し、歴史的価値や芸術としての美しさを広めるプロジェクトです。今回は、プラットフォームの目的やどんな文化遺産が構築されているかご紹介しましょう。
メタバース

「最新」だったあの技術はどうなる?2024年のAIとメタバース

AIやメタバースなど、登場当時「最新」だった技術はこれからどうなっていくのでしょうか。メタバースは再びブームになると予想されていますが、生成AIとの共同開発が成功のカギを握るのではといわれています。今回はAIやメタバースについて、これまでの歴史と2024年の展望について調べてみました。
メタバース

2023年メタバースはどこまで成長した?これまでの事例を振り返ってみよう

メタバースが話題になり始めてから1,2年が経ちました。2024年には約111兆円にまで成長するといわれていますが、まだまだ身近な物として認識するまではいたっていない気がします。今回は、2023年になってメタバースはどんな進化を遂げたのか調べてみました。
メタバース

整理しておこう!メタバースとデジタルツイン・ミラーワールドの違い

web3.0の世界ならリアルな世界では成し遂げられないことが、仮想空間なら可能になるでしょう。しかし、最近はこの「メタバース」の定義が広義的になってきています。今回はメタバースって結局何なのか、似た言葉には何があるのか調べてみましょう。
メタバース

これからはインスタより「Bondee(ボンディー)」!?Z世代のSNS

最近Z世代に人気だというメタバースアプリ「Bondee(ボンディー)」。これまでのゲーム的メタバースとは違い、コミュニケーション機能に重点を置いたSNSアプリとして開発されました。今回はチープで非リアルだからこそ楽しめる、次世代のメタバースアプリ「Bondee(ボンディー)」について調べてみました。
メタバース

リモートワークが楽しくなる!「Viket Town」が面白そう

リモートワークを推進する企業も増えてきました。このリモートワークを、「さらに面白くできないか」と考えたのが冒険社プラコレで、「Viket Town(ビケットタウン)」を開発しました。今回は、リモートワークとメタバースを掛け合わせた新たなツールをご紹介します。
メタバース

自分でメタバースを作りたい!「Cluster」なら無料で楽しめる

最近では、メタバース作成ツールが数多く登場しています。NFTを飾ったりユーザー同士で自由に交流したりするには専用ツールは必要です。中には無料で使えるメタバースツールもあります。今回は、無料で使えるメタバースツール「Cluster」について解説します。
タイトルとURLをコピーしました